医療法人 活人会

医療法人 活人会|一日の仕事の流れ

HOME 理事長挨拶 求人・ボランティア 個人情報保護法について アクセスマップ
求人・ボランティア
都筑ハートフルステーション 1日のお仕事 :看護師編
棚橋 亜矢子
認知症専門棟 看護主任
看護師になって病院勤務を5年経験した後、育児のために8年間専業主婦を経験しました。
下の子供が2歳の時に復職し、ハートフルにお世話になってから早いものでもう10年経ちます。子供が小さい頃は家庭と仕事の両立が出来るか不安でしたが、上司の理解と同僚の達の協力のおかげでなんとか続ける事ができました。
施設の利用者様は自身の身を通して、私達に貴重な学びを与えてくださいます。老いるという事、人生の終末をどう過ごすべきか、人に感謝する事の大切さ、、、。
この10年間、多くの方々とのふれ合いを通して私自身も成長し、今自分の両親との関わり方にもその学びが大いに役立っている事を実感しています。子供達が大きくなるにつれて、友達のお母様方が「自分の時間の過ごし方がわからない。何か趣味を持たないと、このまま年を取ってしまう。」と焦っている中、忙しいながらも充実のある毎日を過ごす事ができる事に、日々感謝しています。

1日の業務

08:30 出勤、夜勤者からの引継ぎ、食事介助、口腔ケア
09:00 排泄介助、バイタルサイン測定、包帯交換11:30 昼食準備
12:00 配薬、食事介助、口腔ケア
13:00 薬の準備
15:00 おやつ
16:00 翌日準備、バイタルサイン測定
17:00 夜勤者への引継ぎ17:30 退社
看護師の魅力は?

看護の仕事は小さな赤ちゃんから高齢のお年寄りまで、様々な方を対象にしています。多くの方々との関わりを通して「自分自身がどう生きていくべきか。」という人生の勉強ができる仕事だと思います。こんな仕事、なかなかないと思いませんか?
なぜ看護師になったの?

高校2年生の頃、私にしか出来ない仕事がしたいと思いました。
誰かからか「あなたがいてくれて良かった。」と言われる仕事って何だろう、、、と考えた結果、この道を選びました。仕事は楽ではありません。もちろん、辛い事もありますが、その分やりがいもあります。私にとって看護師という仕事は、まさに"天職"だと思っています。
お問合せはこちらから
2008 © 医療法人 活人会 All Rights Reserved.